豊中・良風寺高祖会、第一日目第一座を御住職が御奉修

随行 村上薫精 記

 11月6日(土)16時より、豊中・良風寺高祖会第一日目第一座を御住職が奉修導師としてお勤めになりました。またこの座では、良風寺の先住 如説院日修上人の第十三回忌ご回向が営まれました。

 御住職の御法門では

ひとりでも御題目を持たせば これぞ如来のつかひなりけり

佛立開導日扇聖人 御教歌

の御教歌で、多くの人を救うことは難しくても、たった一人の人の為に心尽くすことが大事とお説きいただきました。また先住の日修上人が一生懸命に御題目を唱え重ねられ、御利益がどんどん現われて正しいみ教えが弘まってきたことをお手本に、人助け菩薩行に励ませていただきましょうとご教示いただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です