御住職は堺・信唱寺の御会式をご奉修

随行 鈴木光典 記

 去る10月31日(日)、御住職は大阪・堺(上野芝)にある信唱寺において、高祖会(高祖日蓮大菩薩御会式)併せて寺院創立40周年の記念法要を奉修されました。天気予報では雨模様でしたが、晴天のお計らいを頂戴し無事盛大に営まれました。今回はその様子をご報告したいと思います。

ですがその前に、少し信唱寺のご紹介をさせていただきます。

 昭和56年、泉北深井の地に信唱寺の先駆けとなる「信光寺泉北別院」が建立され、今年が40年目になります。開基である岡居日相上人、先住の岡居日長御導師、現住職の岡居日実師と法灯は脈々と受け継がれ、今日まで上野芝方面のご弘通(布教)に尽力なされています。
 
 さて、清風寺を出発し、信唱寺に到着するまでには雨もあがり、日が照り始めてきました。これは信唱寺教講ご一同の晴天祈願の賜物です。

 到着後、法衣にお召し替えなされた御住職は、法要の前にまずは岡居日長御導師、日実御住職と記念撮影。

 賑やかにご参詣をいただく中、高祖会並びに創立40周年記念法要が始まりました。落ち着いた雰囲気の御宝前に癒しが感じられました。

 法要後には清風寺からの団参者とも談笑され、そのご様子も写真に収めさせていただきました。

 なんと昼食の御供養は信唱寺ご信者さんの手作り!綺麗に彩られ、とても美味しく頂戴しました。団参者の方々も綺麗に完食されていました。帰路につく際もご信者総出でお見送りをいただき、無事に帰山させていただくことができました。

 一番の心配であったお天気も晴天のお計らいをいただき、高祖会・創立40周年の記念法要が無事におつとまりになったことは大変有り難く随喜させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です