緊急事態宣言の発令(〜9/30)に伴う清風寺の対応について

9月12日まで、大阪府に『緊急事態宣言』が発令されます。これを受けて清風寺では下記の対応をさせていただきます。

  1. 朝参詣について
    • 原則、自粛とさせていただきます。まことに心苦しい限りですが『緊急事態宣言発令』を重く受け止め、世の中の感染予防に寄与するという観点から判断させていただきました。但し、お寺の正門は空いておりますので、ご参詣はしていただけます。基本的には自宅でのお看経に励ませていただきましょう。
  2. YouTubeライブ配信
  3. 各教区、ご信者のご祈願カードについて
    • 全ての御祈願カードを毎朝導師座へお持ちし、御住職に一括言上後、黙読していただきます。
  4. 大恩報謝お塔婆(大・小)
  5. 御礼言上
  6. ご回向お塔婆(大・小)
  7. 諸有志(お供え、特別ご有志、御供米料、御鏡料、お花料、お油料)
    • これら(4)〜(7)については、常時受けつけております。事務所にてお納めください。
  8. 期間中、参詣当番教区のご奉公はありません。寺内のお掃除は教務がさせていただきますが、朝参詣にお参りされたご信者にはご帰宅前にお手伝いいただけると幸いです。
  9. 仏餉米料について
    • 期間中参詣当番教区のご奉公はありませんが、お寺の護持のため各教区で仏餉米料をまとめていただいて、本堂の奉納箱に奉納してください。また個人的に奉納されるご信者は、事務所前カウンターに奉納 袋を置かせていただきました。その奉納袋に入れてご奉納ください。
  10. 新型コロナウィルス早期収束祈願口唱会」について
    • 「コロナウイルス早期収束祈願と、教務の信心改良」を目的として朝参詣後、9:30より毎日行われます。
    • この口唱会の中で、自粛になった御講の奉修言上をさせていただき、お席主の先祖代々のご回向、添講願主の先祖代々のご回向をさせていただきます。
  11. 御講について
    • 教区総講及び、教区、組の定例の御講について
      • 教区総講は、自粛とさせていただきます。
      • 教区、組の定例の御講は、原則自粛とさせていただきます。但し、責任御講師、お席主、参詣のご信者がよく相談されたうえで「奉修させていただきたい」と判断された場合は、奉修いただいても結構です。もちろん感染予防には万全を期してください。
      • 自粛した御講の奉修の言上は、上述の「新型コロナウィルス早期収束祈願口唱会」の中で言上いただきます。
      • 自粛した御講については、ご信者に責任講師が御法門のプリントを作成し、後日ご信者にお渡しいたします(各教養会の御講も同様)。
    • 御布施について 
      • 自粛となった御講の御布施は、まとめて御講師にお渡しください。
      • お席主をいただく方は、お席主としての御布施をしてください。
      • お渡しする方法(お手渡し、郵送等)は各教区の事情を鑑み、各教区でお決めください。
  12. 臨時御講について
    • 責任御講師、お役中、弔主の方でよく相談のうえ、責任御講師の判断でお決めください。
  13. 会議について
    • 開催か自粛かは各部署にお任せします。緊急性等を考慮して判断してください。
    • 開催の場合、夜間の会議は午後8時までに終了してください。
    • リモート(WEB)会議を推奨します。積極的に活用してください。
  14. 寺内行事について
    • 9/23(祝) 寝屋川秋季墓地回向
      • 10:30から
    • 9/23(祝) 寝屋川秋季墓地回向
      • 10:30から
    • 9/24(金) 教講会
      • 18:15から お看経
      • 18:30から 会議(一般事項)
  15. お寺の戸締まりについて
    • 防犯上、地下の駐車場のシャッターは、期間中午後8時30分に閉鎖します。
    • 防犯上、テラス側の小門は、期間中閉鎖します。
  16. 生駒別院の対応について
    • 生駒別院も本寺・清風寺と同じ対応とさせていただきます。

以上、ご理解ご協力の程、お願い申し上げます。

合掌

令和3年8月22日
清風寺 責任役員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です