納骨室に新たな「久遠壇」が登場!

海・山・大地をイメージしたモダンなデザイン

「久遠〔くおん〕」……遠い昔から、現在、そしてこれから先の未来へと、ご信心が久遠に続いていくという、雄大なイメージを広大な海・山・大地で表されています。

御題目の回向力で、「蓮」の華が咲き、「鶴」が舞う納骨室も、その元を辿ればインドから始まります。インドにおいてみ仏を連想させる「菩提樹」に囲まれた納骨室。そしてこの度、その納骨室の永遠を表す「久遠」が新たに増設される運びとなりました。

完売前に、早期お申し込みを!

詳細は「久遠壇」のページにて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。