令和4年度「元旦会」を奉修

 元旦の「旦」の字は、太陽が地平線に現れたときの様子をかたどった字で、世間一般では初日の出を拝んでその一年の無事を祈ります。本門佛立宗では朝日ではなく、南無妙法蓮華経の御本尊に対して手を合わせます。

 元日に営まれる元旦会では、無事越年の御礼を御宝前に申し上げるとともに、新たな一年の無事息災とご奉公成就をご祈願させていただくのです。

  清風寺では三座奉修。それぞれの座で最後に祝盃の儀を執り行いました。今年はコロナ禍の状況を鑑みてお屠蘇はなし、お昆布のみお持ち帰りいただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。