せいけいさんの学徒名

こんにちは!せいけいさんです♫

前回の更新から少し間が空いてしまいましたが、皆さんお元気でしょうか?

さて、今日は学徒名について少しお話させていただきます。

私は「清恵〔せいけい〕」と名乗らせていただいていますが、これはもちろん本名ではありません。ごく普通のお寺の信者だった私が、学徒になったときにお師匠さまからいただいた「学徒名」です。

古くは開導日扇聖人が御在世の明治2年に記された書物に「清」の字をいただいた学徒について記されているのが、もっとも古い記録だそうです。当宗の本山、京都・宥清寺の修学所(学校)で学ぶお弟子をことを「学徒」と呼んでいたみたいですね〜!現在では信者の立場でお教務さんのご奉公のお手伝いをさせていただき、より深くご信心の世界を学ばせていただく立場の人をそう呼んでいます。

明治2年なので今年で151年。とーっても歴史のある名前なんですよ!

この「清」というのは、開導日扇聖人のお名前である「長松清風(ながまつ せいふう)」から一文字いただいています。

こう、改めて文章に書くと「しっかり勉強させていただかないと!」と背筋がピンッ!としますね。頑張らねば!

昨年2020年11月1日に、晨朝勤行に併せて「学徒名授与式」を執行いただきました。

当日の写真を見ると思い出すのですが、この時はガチガチに緊張していましたね……笑


 

おや、御住職から何か受け取っていますね。
一体なんでしょうか?

じゃーん!
こちらを受け取っていたのですね〜!

学徒名授與
西岡 恵 称 西岡 清恵

と書かれています。
そして最後にはお師匠さまのお名前である「日要」

こうして、私はお師匠さまのお弟子とならせていただいた訳です。

ちなみにお師匠さまである日要御導師は、清風寺御住職のお父上であり、また豊中・良風寺と京都・誕生寺、福岡・本法寺の御住職をされているすごい方。超ご多忙。とても70代とは思えません。

学徒名ひとつとっても、色々とエピソードがありますね!

少しでもお寺に興味を持たれたら、ぜひお参りくださいね!お待ちしております♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です